sign.png


ボ タ ニ ズ ム 植物でつながる心豊かな未来を目指して

植物×植物素材×植物モチーフをつなぎ、ヒト、コト、モノにクローズアップ
芸術、活動からアイテムまで、新しい植物学主義者(ボタニズム)のためのサイトです





印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HomeB.pngHomeB.pngTop画面へEXP=1318486671.jpegEXP=1318486671.jpegYouTubeMoon.pngスポットライトComment.pngComment.png 花々の声Photo.pngPhoto.png新しい花々About.pngAbout.png創造者の詞HandLens.pngHandLens.pngお花屋mapSun.pngSun.png植物と人

植物の品種、品目が同じでも、育てる人が違えば、花はまったく違う表情を見せます。
花は人そのもの。何を感じ何を捉えているのか?植物に関わる栽培家の魅力に迫ります。


Share

大佐和花卉園

その品種にあった色、艶、表情を求めて

千葉県富津市は、東京湾に面した海側にある。背後に三舟山があり、標高的には高くは無いが、ちょうどお伺いした2月には雪が降り積もり竹林の竹が雪の重さで道を塞いでいた。

50年続く大佐和花卉園は、現在の平野圭祐さんで3代目にあたり、初代はメロン、野菜農家。アンスリュームは2代目にあたるお父さんが研修先で観葉植物で栽培されていたものを持ち帰り、切花としてはじめたのがきっかけで、約40年続いている。当初は市場にもほとんど出荷が無く、市場と話し合いながら花の認知度を高め、現在に至っているという。

圭祐さんは、ハワイでの1年の研修後、家を継ぎ10年アンスリューム一筋でやってきた。株の育成は、オランダからの苗を2年間育て、更に1年出荷が出来る迄には成長を要す。

南国のイメージで、丈夫のような意識をもちがちなアンスリュームだが、とても繊細な植物だという。君津市とは遠く無い位置関係にあるが、この大佐和は水が良く無い為、フィルターをかけ、綺麗な水にしてあげないと、根がすぐ腐る。また、夏場は特に空気の流れをこもらないようにし、大きな扇風機で外へ押し出してやることで、外気を反対側から「引っ張り」空気の入れ替えを行うとのことだった。冬場は、品種によって15度から35度という暖かい温度で室内を保ちながら、扇風機で循環し、水やりに注意し続けながら管理が必要で、病気が広まらないようポットで育てていることからも、アンスリュームのデリケートさがうかがえた。

大輪、小輪合わせて15品種程育てているが、花の多い時期が4〜6月。色も艶も一番良いのが1月〜4月だといわれ驚いた。理由は寒い時期の紫外線と、日の長さに関連していて、葉と花がゆっくり大きく成長することで、大輪で発色の良いものが育つ。また3月の夜温が暖かくなると、植物は成長で無理をすることが無いので、花は小さくなるが本数が増えてくるのだという。平野さん曰く、「植物の力を自然と引き出してあげることが大事」なのだという。

線路をまたいだ先にあるものは

大佐和花卉園のハウスのロケーションは実に面白い。写真でもわかるように線路を挟んで立ち並ぶからだ。私も様々な場所に足を運んだが、左右を見て確認し、渡らなければならないのは初めての経験。採花されたアンスリュームがいつも線路を渡って作業場にいく...想像してもらいたい風景だ。

作業場では、花粉を拭き取りパッキング材で傷まないように丁寧に一本ずつ扱われ、葉も一枚づつスポンジで洗われたあとにワックスを塗り、梱包される。その几帳面な仕事ぶりは、開封する花屋さんの中でも有名な話だ。
最後に平野さんとは初対面だったが、ほんの少し強面な印象をうけるが、声は小さく優しいし、力持ちといった感じだった。実は取材のときも体調を悪くされていたところ無理にお伺いしたのだが、快諾して頂けた。今考えると平野さんは外見の印象と内面の繊細さをもつ...アンスリュームのような人だった、そう思えてならない。


DSC_3244.JPG大佐和花卉園のシンボルマークの入った名物トラック
DSC_3243.JPG
DSC_3256.jpgDSC_3267.jpg
DSC_3242.JPG
DSC_3258.JPG
DSC_3283.jpgDSC_3279.JPGDSC_3278.JPGDSC_3252.JPGDSC_3276.jpg
DSC_3255.JPG
DSC_3273.JPG
DSC_3274.JPG


クリックすると拡大します。

flowers voices tab

さ、た

な、は

ま、や

ま、や

W_No_04.gif三宅花卉園

ら、わ

ら、わ

W_No_05.gifRoseFarmKEIJI

DSC_32591.jpgDSC_32591.jpg

twitter.jpgtwitter.jpgfacebook.jpgfacebook.jpg

DSC_3296.jpgDSC_3296.jpgブルームネット 千葉県 君津市の美しい水でカラーを栽培。湿地性カラー7件と、畑地性カラー6件からなる13件の栽培農家グループ。高い選別をおこない年間通してより美しく「最後迄咲ききるカラーを目指している」。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0818.jpgDSC_0818.jpgRose Farm KEIJI 滋賀県 日本人の感性に合う「和バラ」を目指し育種を続け、ガーデンローズのしなやかな茎、たおやかさ、重厚な花びら、香りと花びらの強さ、日もちを併せ持つ品種を栽培。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0677.jpgDSC_0677.jpg片桐花卉園 長野県 上伊那でアルストロメリアをメインに様々な草花、葉ものを栽培。繊細でありながら、日持ちの良い花を育てることで有名。周年出荷。

すべてを見るLinkIcon

DSC_3272.JPGDSC_3272.JPG千葉県富津市 大佐和花卉園。輸入が多いアンスリュームにおいて、国産高品質アンスリュームとして確固たる産地。とくに華道家に愛され、変わりがないと言われる程。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0007.JPGDSC_0007.JPGいなばのはな 稲葉修司 千葉県 南房総市。初代の祖父が他界後、7年前、20代前半で家を継ぐことを決意。人の目にとまる花を育てたいと独自の基準で、品種を栽培。出荷は10月の初旬から始まり、5月中旬まで主に栽培。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0333.jpgDSC_0333.jpgSuki Flower Farm 鈴木義啓 多品目のオーガニックフラワーを栽培。

すべてを見るLinkIcon

_NowPrinting2.jpg編集中

【JQ青山】外観R0010114ok再_S.jpg【JQ青山】外観R0010114ok再_S.jpgジュリークショップ青山店 ナチュラルでで美しい
ライフスタイルを提案。「ジュリーク」を贅沢に使ったボディとフェイ
シャルトリートメントサロン&ショップ。

すべてを見るLinkIcon

sub.jpgsub.jpgマヤゴノミ プチバッグ ( 資材) キュートなバッグ型のパッケージとお揃いの柄のメッセージカードのセット。

すべてを見るLinkIcon

スクリーンショット(2011-10-04 12.13.17).pngスクリーンショット(2011-10-04 12.13.17).png九州、宮崎からスイトピーを産直レポート! 11月頃から出荷がはじまりますが、この時期の定植について N Jour-hanalistが徹底説明!

すべてを見るLinkIcon

IMG_7712.JPGIMG_7712.JPG夏と言ったらヒマワリ! 南房総の(有)折原園芸を Y Jour-hanalistがレポートします!

すべてを見るLinkIcon

ホオズキ2.pdfホオズキ2.pdf全国のJour-hanalist がおくる産直レポート!九州のホオズキについて。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_1232.jpgDSC_1232.jpg山田昌和 目黒区 自由が丘に1985年(昭和60年)濤山堂 開店以来、手書きの毛筆文字で近隣の花店のお祝いものから葬儀に至る木札やカード札の字を書かれてきた。花とも多く関わる知る人ぞ知る書人のひとり すべてを見る。LinkIcon
DSC_0222.jpgDSC_0222.jpg川崎景介 マミフラワーデザインスクール校長 フラワーデザイナーの養成機関等で教鞭をとり、執筆活動や全国での講演活動に従事。日本民族藝術学会員でありながら、花文化研究者。 すべてを見る。LinkIcon

img_03.jpgimg_03.jpg岡達也 グラフィックデザイナー  プロダクトデザインからWEBデザインまで、グラフィックデザインを駆使。日本のみならず国際的なプロデュース活動もおこなう。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_0122.JPGDSC_0122.JPGミカヅキモ 画家  茂木あすかと、造形 金丸遥 からなる女性ARTユニット。動物と植物の中間のような生き物として、水の中で光合成をしながら"たゆたう"。テーマは「心地よい刺激」。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_3345.jpgDSC_3345.jpg大分県 陶芸家 肥後博己 作品について

すべてを見るLinkIcon

_NowPrinting2.jpg編集中

photo 1131.jpgphoto 1131.jpgSTUDIO HOWSE スタジオハウゼ。旬の花材を使って季節感のあるアレンジメント・花束を提供。フラワーギフトは、色合いや雰囲気のお好みもお伺いし、オーダーメイド感覚でお気軽に御注文頂けます。鉢や寄せ植えの植替え、会社やご自宅の生け込み等、なんでもご相談頂けるアットホームなショップです

すべてを見る。LinkIcon

DSC_0531.JPGDSC_0531.JPG花coco ハナココ。食べ物やファッションやインテリア…そのひとらしいものや好みがあるようにお花にもその人らしい似合うお花があるはず。ギフトや店舗への定期ディスプレイなどでもその人らしさ、その空間にふさわしい花で気持ちを伝えるお手伝いができればと考えています。

すべてを見る。LinkIcon

988.JPG988.JPGfauve* フォーヴ。誰かにプレゼントをあげる、ワクワクした気持ちを自然の恵みのギフトで伝えたいなにかひと工夫あるものをおくりたいと考えている方に花の贈り物が役立てれば嬉しいと思います。小さな店には珍しい花や植物が溢れ、四季折々の植物の香りが立ち込めています。

すべてを見る。LinkIcon

93X95DC8AO8ACF.jpeg93X95DC8AO8ACF.jpegflower boutique f'ee フラワーブティック フェー。官公庁の集まる鈴鹿市のほぼ中心部に店舗があり、一歩店内に入れば、色とりどりの切花や珍しい品種のお花、インテリア性に優れた観葉植物など数多くのアイテムが微笑みながらお迎えいたします。

すべてを見るLinkIcon

店頭.JPG店頭.JPGFLOREAL フロレアル オペーク 丸の内店。「コミュニケーションとしての花」「インテリアとしての花」をコンセプトに、大人の男女にふさわしいよりスタイリッシュでステータス感溢れる花のあるライフスタイルをご提案するショップです。

すべてを見る。LinkIcon

bb1 (6).gifbb1 (6).gif花の店ボニータ。いつものお花をいつものように変わらずお届けしたい。お客様に気軽に相談していただける花屋でありたい。一つでも多くの笑顔に出会えるように、心をこめてお作りします。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_1510.JPGDSC_1510.JPGZUKKY ズッキー。色彩豊かにハーブを取り入れ ナチュラル且つポップ&キュートがZUKKYスタイルです!第一印象でもある「色彩」にこだわり、微妙なグラデーションやコントラストに気配りパステルからビビット、クラシカルまで 花の特徴を生かします。

すべてを見る。LinkIcon

_IGP4553.jpg_IGP4553.jpgFlowers Blossom フラワーズブラッサム。Flowers Blossomでは、みなさまひとつひとつの想いをイメージ通りのカタチにできたらいいなと思っております。豪華なものに限らず、自宅に1輪だけ飾りたい。少しだけれどお花として想いを伝えたい、様々な方の願いを叶えます。

すべてを見る。LinkIcon

DSCN005.JPGDSCN005.JPGFlower Shop 花野果(かのか)。プリザーブドフラワーの花束・アレンジメントを
メインに販売。お客様のご要望にあわせて、ひとつひとつ手作りしています。生花は、ご注文をいただ
いてから新しくお花を仕入れています。お電話お待ちしております。

すべてを見る。LinkIcon

店内.jpg店内.jpg GINZA KAMON 銀座花門。伝統と流行が融合する銀座にオープンして約20年。”あなただけのオーダーメードフラワー”をコンセプトにお客様の花のあるシーンをお手伝いさせて頂いております。スタッフ一同お待ちしております。

すべてを見る。LinkIcon

image001.jpgimage001.jpgLe Ciel ル・シエル フラワーズ。同じ空がふたつと無いように、自然の中に咲いている花たちも、一輪一輪違う顔を持っています。お花たちの生まれ持った魅力を最大限に表現する・・・そんな気持ちをこめた「Le Ciel」です。

すべてを見る。LinkIcon

CIMG3961.JPGCIMG3961.JPGFLOWER liberteフラワーリベルテ。フラワーリベルテは「お花で癒し」をコンセプトに、お花のある生活をご提案しています。プレゼントに最適なモダンフラワーアレンジ・ウエディング・イベント装花・店舗ディスプレイなどお花に関するあらゆるご注文を承ります。

すべてを見る。LinkIcon

RIMG0399.JPGRIMG0399.JPGJuno fleurs (ジュノーフルール)。『happy flower life!!』をテーマに、日々の生活にも、特別な日にも、こだわりのお花で花のある生活のご提案をjuno fleursが心を込めてお手伝いいたします。

すべてを見る。LinkIcon