sign.png


ボ タ ニ ズ ム 植物でつながる心豊かな未来を目指して

植物×植物素材×植物モチーフをつなぎ、ヒト、コト、モノにクローズアップ
芸術、活動からアイテムまで、新しい植物学主義者(ボタニズム)のためのサイトです





印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HomeB.pngHomeB.pngTop画面へEXP=1318486671.jpegEXP=1318486671.jpegYouTubeMoon.pngスポットライトComment.pngComment.png 花々の声Photo.pngPhoto.png新しい花々About.pngAbout.png創造者の詞HandLens.pngHandLens.pngお花屋mapSun.pngSun.png植物と人

古来からヒトと共に、植物は生活に大きく関わってきました。ときには薬として、ときには生活の中に...そしてやがて、心の中の自分を投影し、芸術としてもその姿を変えました。植物に関わってきた人にクローズアップし「植物と人」の関係について迫ります。


Share

マミフラワーデザインスクール 校長
川崎 景介 keisuke kawasaki

マミフラワーデザインの歴史

大森山王から始まった...

DSC_0222.jpgマミフラワーデザインスクール、マミ会館のある大森山王は、田園風景の残る緑の多い地域...。50年前、ここに本拠地をかまえ、1962年に開設された日本初のフラワーデザインスクールのあるこの大森について、駐車場から会館へと向かう道を歩きながら、川崎景介校長(以下校長)にお伺いしました。

横浜開港にあたり、ドイツ人が多く横浜の地に来たとき、海側よりも、国に似た景色...田園風景を探し、内陸へと居住地を求め、大森に辿り着いたそうです」
大正14年(1925年)から平成3年(1991年)までドイツ学園(東京横浜独逸学園)が当時山王にあり、ドイツ人が多く居住していた歴史があり、商店会との関わりは深く、現在は、生徒数の増大により神奈川県横浜市都筑区に移転したものの、今なお「ジャーマン通り」という道路もあり、その面影を残している...。

歩きながら話しながらも、頭の中の引き出しから、時代背景、歴史、そして現在に至る流れ、すみずみまで適切にすらすらと止まらずに言葉が溢れ出てくる校長を見て、大学の専攻が「歴史学、政治学」と聞いて...思わず納得させられました。

マミフラワーデザインスクール校長を務めながらフラワーデザイナーの養成機関等で教鞭をとり、執筆活動や全国での講演活動に従事するかたわら、日本のみならず世界各国の花文化を独自の視点で研究し、フローラルアートの啓蒙に努め、日本民族藝術学会員でありながら、花文化研究者...。校長のプロフィールを聞くと、何からお伺いして良いのか?と考えさせられますが、花との関わり合いを中心にマミフラワーデザインスクールの歴史についてまずお聞きしたいと思います。

創始者の想い。マミ川崎...アメリカへ。

マミフラワーデザインスクール創始者、マミ川崎 総長は、父が医者であった背景もあり、宣教師をつてに、日本人として戦後2番目の早さで、英語が話せないながらも、船でアメリカに渡ることになります。語学を学びながらも、上手く会話が出来ない彼女にとって、生活資金を稼ぐアルバイト先もなかなか見つけられずにいました。

あるとき、彼女の友人は「花屋さんだったら、あまり語学が堪能ではなくても出来るはず!」と話し、その言葉で、1950年代初めてアメリカの歴史あるフローリスト クレストウット花店(現在もオーナーは変わっているが存在とのこと)に勤めることとなったそうです。

「花屋さんは幸せを配る仕事。アメリカのいきいきとした花のある生活に大きな刺激を与えられた...」と語るマミ川崎さん、しかし就職は、卓越した英語を使って、ジャーナリストを希望し、産經新聞に入ることになりました。

新聞社に入ったものの、女性の仕事には大きな壁のある時代。与えられるのは雑用ばかり。やりきれない気持ちでいたそうです。しかし、ここで運命的な出会いがありました。東京タワーの建築に大きく関わった歴史上の人物、産經新聞社長 前田久吉です。彼の秘書として配属されたマミ川崎さんは、ジャーナリズムに関われないことを強く心願し、移動を直訴。

熱いおもいに気に入られ「明日から婦人部へ行きなさい」という前田氏の言葉をうけて、いきいきとした女性達を取材することとなりました。これからの日本人女性のあり方や、「個性を発揮出来ることが大事で、自立している姿が素晴らしい」ということに直に触れ気づき、自分がそういう女性を教育したいと考えだしたそうです。

頭によぎったのは花屋でアルバイト時代の「アメリカ人女性達」...。重なった姿に、マミ川崎さんは、1962年フラワーデザインスクールを大森山王の地に開設されました。

開設後、カリキュラムの獲得を含め、アメリカに一度戻り、「ジオメトリックデザイン (三角形等の基本的形式)」バディ・ベンツを吸収。1970年〜80年代にかけては日本の花文化エッセンスを吸収し、多くの華道団体と意見交換(小原流 小原豊雲さんとはとくに)。そして現在のマミフラワーデザインスクールに至っているとのことでした。

「生活の中でごく自然な花の使い方を日本に普及させたい」との想いからはじまったマミデザインスクール。

今回、西洋的なフラワーデザインが華道的な要素を含みつつ、独自の進化をしてきたという理由が戦後の日本と女性達の生き方という部分が背景にあり、約半世紀に渡って日本のフラワーデザインのパイオニアとして、今年(2011年)創立50周年を迎える記念すべき年に、お話を伺えてとても光栄でした。

考花学...花が時をつなぐ

51P0TH2jT8L._SL500_AA300_.jpg51P0TH2jT8L._SL500_AA300_.jpg約10年前にアメリカで学んだ歴史学、教育といったものを背景に、花との関わり合いの中で、出来ることを模索したという校長。
「フラワーデザインというものが、歴史が浅いという部分をもちながら、なぜか書き留められていないという事実に気づいたのです。華道のように、しっかりと残っているものが西洋には多く存在されておらず、花装飾として名も無い方が、断片的に残したものを集め、つなぎ合わせるようなものなのです。そういうものは傾向は伝えるのですが、真相は伝えられない」。

調べれば調べるほど断片的な事実に直面して、とても難しいことに気づかされ、そして自ら様々な国に行き、直接調べ歩かなければ、つなぎあわせることが出来ない...という事を理解されたそうです。
その中、「小原流、工藤先生に譲って頂いた研究文献に助けられながら、その想いも伝承し、作り上げた...」というのが『花が時をつなぐ フローラルアートの文化誌 (講談社発行)』 でした。

マミフラワーデザインスクール校長として、教鞭をふるう「考花学クラス」には、そんなフラワーデザイン文化の世界各国の歴史が語られ、日本に続くフラワーデザインの歴史を説いておられます。

「花文化研究というと難しそうに感じますが、実はなぜ人は花が好きなのかな?とか、なんで人は花に意味を持たせるのかな?とかとりとめないことなのです。しかし花の世界は無限に広がっていて、花や自然にまつわる文化のことを調べていくと、全てのことに結びついているのでビックリします。そういう人と花、暮らしからはじまって、フラワーデザインをはじめとした芸術に変化する...そういう魅力が考花学には詰まっているのです」と語られました。

50年の歴史をもつマミフラワーデザインスクール。
創始者のマミ川崎さんが作り上げた歴史を、フラワーアーティストである川崎景太さんが伝承し、そして校長である川崎景介さんが、書き留めていく...。

日本のフラワーデザインの歴史はとても浅いながら、西洋文化である建築などが日本に入ってくる中で、花は大きな流れの中で海外で学ばれ、持ち込まれ伝承され、進化し今に至っています。

先人があって、今がある...。
あらためて、「植物と人」の中で多くの方に取材していきたいと強く思いました。

マミフラワーデザインスクール公式HP
川崎景介―公式HP 音楽が出ます。
考花学クラスについて
花が時をつなぐ 講談社


川崎景介(かわさき けいすけ、Keisuke Kawasaki)
花文化研究者 マミフラワーデザインスクール校長
東京都に生まれる。
1989年 米国アイオワ州グレイスランド大学にて史学を専攻し卒業。
2008年 倉敷芸術大学修士課程修了
2006年 マミフラワーデザインスクール校長に就任
花にまつわる世界各地の文化を、独自の視点で調査研究する「考花学」を提唱
大学や文化団体などでの活発な講演活動を通じて、花文化の啓蒙に尽力をつくす
環境芸術学園日本フラワーデザイン専門学校講師
丁徳寺大学芸術学部客員教授
日本民族藝術学会員
著書 「花が時をつなぐーフローラルアートの文化誌ー」講談社 

Creators tab 職種名

あ、か

W_No_01.gif

さ、た

さ、た

W_No_02.gif陶芸 肥後博己

な、は

な、は

W_No_03.gif

ま、や

ま、や

W_No_04.gif

ら、わ

ら、わ

W_No_05.gif

DSC_32591.jpgDSC_32591.jpg

twitter.jpgtwitter.jpgfacebook.jpgfacebook.jpg

DSC_3296.jpgDSC_3296.jpgブルームネット 千葉県 君津市の美しい水でカラーを栽培。湿地性カラー7件と、畑地性カラー6件からなる13件の栽培農家グループ。高い選別をおこない年間通してより美しく「最後迄咲ききるカラーを目指している」。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0818.jpgDSC_0818.jpgRose Farm KEIJI 滋賀県 日本人の感性に合う「和バラ」を目指し育種を続け、ガーデンローズのしなやかな茎、たおやかさ、重厚な花びら、香りと花びらの強さ、日もちを併せ持つ品種を栽培。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0677.jpgDSC_0677.jpg片桐花卉園 長野県 上伊那でアルストロメリアをメインに様々な草花、葉ものを栽培。繊細でありながら、日持ちの良い花を育てることで有名。周年出荷。

すべてを見るLinkIcon

DSC_3272.JPGDSC_3272.JPG千葉県富津市 大佐和花卉園。輸入が多いアンスリュームにおいて、国産高品質アンスリュームとして確固たる産地。とくに華道家に愛され、変わりがないと言われる程。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0007.JPGDSC_0007.JPGいなばのはな 稲葉修司 千葉県 南房総市。初代の祖父が他界後、7年前、20代前半で家を継ぐことを決意。人の目にとまる花を育てたいと独自の基準で、品種を栽培。出荷は10月の初旬から始まり、5月中旬まで主に栽培。

すべてを見るLinkIcon

DSC_0333.jpgDSC_0333.jpgSuki Flower Farm 鈴木義啓 多品目のオーガニックフラワーを栽培。

すべてを見るLinkIcon

_NowPrinting2.jpg編集中

【JQ青山】外観R0010114ok再_S.jpg【JQ青山】外観R0010114ok再_S.jpgジュリークショップ青山店 ナチュラルでで美しい
ライフスタイルを提案。「ジュリーク」を贅沢に使ったボディとフェイ
シャルトリートメントサロン&ショップ。

すべてを見るLinkIcon

sub.jpgsub.jpgマヤゴノミ プチバッグ ( 資材) キュートなバッグ型のパッケージとお揃いの柄のメッセージカードのセット。

すべてを見るLinkIcon

スクリーンショット(2011-10-04 12.13.17).pngスクリーンショット(2011-10-04 12.13.17).png九州、宮崎からスイトピーを産直レポート! 11月頃から出荷がはじまりますが、この時期の定植について N Jour-hanalistが徹底説明!

すべてを見るLinkIcon

IMG_7712.JPGIMG_7712.JPG夏と言ったらヒマワリ! 南房総の(有)折原園芸を Y Jour-hanalistがレポートします!

すべてを見るLinkIcon

ホオズキ2.pdfホオズキ2.pdf全国のJour-hanalist がおくる産直レポート!九州のホオズキについて。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_1232.jpgDSC_1232.jpg山田昌和 目黒区 自由が丘に1985年(昭和60年)濤山堂 開店以来、手書きの毛筆文字で近隣の花店のお祝いものから葬儀に至る木札やカード札の字を書かれてきた。花とも多く関わる知る人ぞ知る書人のひとり すべてを見る。LinkIcon
DSC_0222.jpgDSC_0222.jpg川崎景介 マミフラワーデザインスクール校長 フラワーデザイナーの養成機関等で教鞭をとり、執筆活動や全国での講演活動に従事。日本民族藝術学会員でありながら、花文化研究者。 すべてを見る。LinkIcon

img_03.jpgimg_03.jpg岡達也 グラフィックデザイナー  プロダクトデザインからWEBデザインまで、グラフィックデザインを駆使。日本のみならず国際的なプロデュース活動もおこなう。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_0122.JPGDSC_0122.JPGミカヅキモ 画家  茂木あすかと、造形 金丸遥 からなる女性ARTユニット。動物と植物の中間のような生き物として、水の中で光合成をしながら"たゆたう"。テーマは「心地よい刺激」。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_3345.jpgDSC_3345.jpg大分県 陶芸家 肥後博己 作品について

すべてを見るLinkIcon

_NowPrinting2.jpg編集中

photo 1131.jpgphoto 1131.jpgSTUDIO HOWSE スタジオハウゼ。旬の花材を使って季節感のあるアレンジメント・花束を提供。フラワーギフトは、色合いや雰囲気のお好みもお伺いし、オーダーメイド感覚でお気軽に御注文頂けます。鉢や寄せ植えの植替え、会社やご自宅の生け込み等、なんでもご相談頂けるアットホームなショップです

すべてを見る。LinkIcon

DSC_0531.JPGDSC_0531.JPG花coco ハナココ。食べ物やファッションやインテリア…そのひとらしいものや好みがあるようにお花にもその人らしい似合うお花があるはず。ギフトや店舗への定期ディスプレイなどでもその人らしさ、その空間にふさわしい花で気持ちを伝えるお手伝いができればと考えています。

すべてを見る。LinkIcon

988.JPG988.JPGfauve* フォーヴ。誰かにプレゼントをあげる、ワクワクした気持ちを自然の恵みのギフトで伝えたいなにかひと工夫あるものをおくりたいと考えている方に花の贈り物が役立てれば嬉しいと思います。小さな店には珍しい花や植物が溢れ、四季折々の植物の香りが立ち込めています。

すべてを見る。LinkIcon

93X95DC8AO8ACF.jpeg93X95DC8AO8ACF.jpegflower boutique f'ee フラワーブティック フェー。官公庁の集まる鈴鹿市のほぼ中心部に店舗があり、一歩店内に入れば、色とりどりの切花や珍しい品種のお花、インテリア性に優れた観葉植物など数多くのアイテムが微笑みながらお迎えいたします。

すべてを見るLinkIcon

店頭.JPG店頭.JPGFLOREAL フロレアル オペーク 丸の内店。「コミュニケーションとしての花」「インテリアとしての花」をコンセプトに、大人の男女にふさわしいよりスタイリッシュでステータス感溢れる花のあるライフスタイルをご提案するショップです。

すべてを見る。LinkIcon

bb1 (6).gifbb1 (6).gif花の店ボニータ。いつものお花をいつものように変わらずお届けしたい。お客様に気軽に相談していただける花屋でありたい。一つでも多くの笑顔に出会えるように、心をこめてお作りします。

すべてを見る。LinkIcon

DSC_1510.JPGDSC_1510.JPGZUKKY ズッキー。色彩豊かにハーブを取り入れ ナチュラル且つポップ&キュートがZUKKYスタイルです!第一印象でもある「色彩」にこだわり、微妙なグラデーションやコントラストに気配りパステルからビビット、クラシカルまで 花の特徴を生かします。

すべてを見る。LinkIcon

_IGP4553.jpg_IGP4553.jpgFlowers Blossom フラワーズブラッサム。Flowers Blossomでは、みなさまひとつひとつの想いをイメージ通りのカタチにできたらいいなと思っております。豪華なものに限らず、自宅に1輪だけ飾りたい。少しだけれどお花として想いを伝えたい、様々な方の願いを叶えます。

すべてを見る。LinkIcon

DSCN005.JPGDSCN005.JPGFlower Shop 花野果(かのか)。プリザーブドフラワーの花束・アレンジメントを
メインに販売。お客様のご要望にあわせて、ひとつひとつ手作りしています。生花は、ご注文をいただ
いてから新しくお花を仕入れています。お電話お待ちしております。

すべてを見る。LinkIcon

店内.jpg店内.jpg GINZA KAMON 銀座花門。伝統と流行が融合する銀座にオープンして約20年。”あなただけのオーダーメードフラワー”をコンセプトにお客様の花のあるシーンをお手伝いさせて頂いております。スタッフ一同お待ちしております。

すべてを見る。LinkIcon

image001.jpgimage001.jpgLe Ciel ル・シエル フラワーズ。同じ空がふたつと無いように、自然の中に咲いている花たちも、一輪一輪違う顔を持っています。お花たちの生まれ持った魅力を最大限に表現する・・・そんな気持ちをこめた「Le Ciel」です。

すべてを見る。LinkIcon

CIMG3961.JPGCIMG3961.JPGFLOWER liberteフラワーリベルテ。フラワーリベルテは「お花で癒し」をコンセプトに、お花のある生活をご提案しています。プレゼントに最適なモダンフラワーアレンジ・ウエディング・イベント装花・店舗ディスプレイなどお花に関するあらゆるご注文を承ります。

すべてを見る。LinkIcon

RIMG0399.JPGRIMG0399.JPGJuno fleurs (ジュノーフルール)。『happy flower life!!』をテーマに、日々の生活にも、特別な日にも、こだわりのお花で花のある生活のご提案をjuno fleursが心を込めてお手伝いいたします。

すべてを見る。LinkIcon